エナメル塗料の浸透性とパーツの劣化

 皆さんには、エナメル系塗料で模型に墨入れやウォッシングを行った際、プラスチック製のパーツが割れたり砕けたりした経験はないでしょうか。
 特にパーツをたわめてはめ込んだ部分や関節など力のかかる場所が。
 これはエナメル系塗料がその浸透性でプラスチックに染み込み、パーツを脆くするために発生する現象です。
 その状態は水を吸った紙によく似ています。
 水は紙を即座に溶かしたりはしませんが、水を吸った紙は破れやすくなり、乾燥させれば再び強度を取り戻します。
 同じようにエナメル溶剤を吸ったプラスチックは脆くなり、乾燥させれば強度はかなり回復します。
 ここからわかる、エナメル塗料を使用することによるパーツの破損への対策は、以下の二つです。

  • 組み立てる際、力のかかる箇所は、あたる箇所を削りとって自然にはまるように加工する。
  • 関節等、どうしても力のかかる箇所はエナメル塗料を塗らないようにするか、塗っても乾燥させてから組み立てるようにする。

 対策は他にもあります。
 模型をラッカー系塗料で塗装するか、墨入れなどを行う前に、ラッカー系のクリアをトップコートに吹くことです。
 エナメル系塗料はラッカー系塗料を溶かしません。
 つまりラッカー系塗料で表面をコートしてやれば、プラスチックはエナメル溶剤に侵され難くなるというわけです。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク