藤次郎 牛刀 240mm レビュー

 藤次郎の24cmサイズの牛刀。
 ステンレス三層構造で刃となる芯部分にはコバルト合金鋼を使用しており、これが武生特殊鋼材のステンレス刃物鋼V金10号とのこと。
 V金10号は切れ味はさすがに粉末ハイスには劣りますが、粉末ハイスより遥かに安価で、切れ味、刃持ち、耐食性、研ぎやすさなどを高い次元で兼ね備えているので、個人的にはお勧めの鋼材です。
 24cmは一般家庭には長すぎるかもしれませんが、個人的にはこれが色々と使いまわせる万能包丁的長さと思っています。野菜の皮むき、キャベツの千切り、青魚の捌きから麺切りまで色々な役割をこれ一本でまかなうことができます。

 三層構造でやわらかいステンレス鋼にV金10号が挟み込まれているわけですが、画像のV金10号露出の境目からわかるようにその割り込みは深く、研ぎ減りしても全鋼の場合と遜色ない寿命はありそうです。
 価格性能比的にも寿命的にも家庭用にも業務用にもお勧めできる包丁と思います。
 製品にはプロ向けとされているあまり値引きされない藤次郎(Tojiro-Pro)表記とそうではなくてそれなりに値引きされる藤寅作(ふじとらさく)表記があります。
 その理由については藤次郎オンラインショップ / オンラインサポートの「困ったときは」を参照のこと。
 私がこの包丁を買ったのは藤寅作販売開始前でしたが、確かにお安く買えたのでブランド価値を守るためのこういう対応も仕方ないことかなと思います。

広告