ウインドマスターSOD-310を変換アダプタを使ってカセットガス(CB缶)で使用してみた

 SOTOのマイクロレギュレーターストーブ・ウインドマスターSOD-310はウインドマスターを名乗るだけあって横風に強いアウトドア用バーナー。
 宣伝文句のマイクロレギュレーターは所詮調圧器であり、気化熱によるガス缶の圧力低下に対して一定圧力でガスを出すというだけのことで、低温での動作は結局ガス缶の性能によることに変わりはありません。しかし、火力の微調整が容易で缶側の圧力低下に対する火力維持能力も高いという点では十分に有用。
 軽量小型な割に高火力で使い勝手がいい製品なのですが、問題はアウトドア用ガス缶(OD缶)用ということ。製品自体ではなくガス缶の入手性に問題があるわけです。
 飛行機で移動する際はガス缶や燃料は持って行けないので旅先で入手しやすいカセットボンベ缶(CB缶)で使えるバーナーの方が便利。そういう点ではSOTOのST-310なんかが便利なんですが、重さとか五徳の作りとか点火スイッチの場所とか横風への弱さとかが個人的に気に入りません。特に横風への弱さ。
 そこでどうにかして横風に強いSOD-310を旅先でカセットガスで使えるようにできないかと試してみた結果をまとめてみたのがこの記事です。

カセットガス変換アダプタの選択

 OD缶用バーナーをカセットガスで使うにはOD缶接続をCB缶接続に変換するアダプタ(カセットガス変換アダプタ)が必要となります。
 販売されているそれらの製品には外観から分類して直結式、分離式、三脚型のものがあります。
 それらの製品のいくつかを購入してSOD-310に使えないか試してみました。ただ、分離式のアダプタについては良い製品が今のところなかったので未購入。

直結式

直結式カセットガス変換アダプタ  Amazonで購入した直結式カセットガス変換アダプタ。
 画像左はカリフォルニアパティオのもので後はバーナーとアダプタのセットの付属品。
 画像真ん中の製品のみガス漏れ防止弁付き。他の二つは弁が付いていないので、接続の際はガス器具をアダプタに取り付けてからガス缶に取り付けるという順番を守る必要があります。
 SOD-310で使用可能なのは画像左のカリフォルニアパティオのもののみ。後は接続部分の穴径がSOD-310の口金の直径より小さいので使用不可。

三脚型

三脚型カセットガス変換アダプタ  Amazonで購入した三脚型カセットガス変換アダプタ。
 画像左はカリフォルニアパティオのもので画像右はバーナーとアダプタのセットの付属品。
 SOD-310で使用可能なのは画像左のカリフォルニアパティオのもの。画像右の製品は接続部分の穴径がSOD-310の口金の直径より小さいので使用不可。
 画像右の製品はガス缶を取り付けるとガス缶と地面が接触して間の足が浮いてしまうのも欠点。多分、設計ではガス缶を取り付けた際に三脚とガス缶がぴったり接地するようになっていたのでしょうが、ガス缶接続部のガス缶固定用のでっぱりが仇になっている感じ。

組み合わせ例

 そんなわけでSOD-310とカリフォルニアパティオのカセットガスアダプタを組み合わせて実際に使ってみました。
 SOD-310自体には別売の専用ゴトクであるフォーフレックスSOD-460を組み合わせて使用。SOD-310でそれなりの大きさのコッヘルを安定して使うには必須と言ってもいい品だと思います。

SOD-310を直結式カセットガス変換アダプタで使用した場合

SOD-310を直結式カセットガス変換アダプタで使用した場合  SOD-310を直結式カセットガスアダプタで使用してみた画像。CB缶を直立させて使用することになるので、ガス缶にCB缶対応の数少ないスタビライザーであるSOTOのST-411を取り付けて使用。
 見ての通り丈が高すぎです。
 使えないことはないですが、高さゆえの不安定を考えるとアウトドアに限らずあまり使う気になれない構成。スタビライザーを含めてもコンパクトさと軽さが魅力的な構成ではあるのですけどね。

SOD-310を三脚型カセットガス変換アダプタで使用した場合

SOD-310を三脚型カセットガス変換アダプタで使用した場合  SOD-310を三脚型カセットガスアダプタで使用してみた画像。
 まあまあ実用的な範囲の高さだと思います。
 問題点は三脚型カセットガス変換アダプタが幾分かさばることくらいで、合計重量は軽め。  実際に組んでみるとSOD-310が台座に接触せず、SOD-310の軸で上側重量を全部受け止めることになることも問題ではあったのですが、それに関しては直結式アダプタのパッキンを移植することで解決しました。

SOD-310と三脚型カセットガス変換アダプタの接続の問題  SOD-310とカリフォルニアパティオの三脚型アダプタを接続すると、画像のようにSOD-310と台座の間に隙間ができます。SOD-310内側のパッキンによりガス漏れはしませんが、荷重が軸だけにかかることになる点が不安といえば不安。

カリフォルニアパティオの直結式アダプタと三脚型アダプタの違い  原因はカリフォルニアパティオの直結式アダプタにはあるパッキンが三脚型アダプタには付いていないことによります。よって直結式アダプタからパッキンをはずして三脚型アダプタの方にはめれば問題は解決。三脚型アダプタに最初からパッキンを付けるべきだと思いました。

寒い時期に使うには

SOTO ST-760  アウトドアで寒い時期にカセットガスでバーナーを使うならSOTOのプロパンガス入りガス缶ST-760一択だと思います。
 30%混入のプロパンを使い切るまでは寒くても火力が出ます。ホームセンターで入手できる場合もありますが、旅先で必ずしも確保できるわけではないところが残念。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク