エアブラシの接続ネジの規格と接続の制限

平行ネジとテーパーネジ

平行ネジとテーパーネジ エアブラシを構成する機器どうしの接続には管用ネジが使用されています。
管用ネジには平行ネジとテーパーネジがあります。
画像は片側が平行ネジでもう片側がテーパーネジになっている1/4インチ口径オネジです。 平行ネジはネジの直径が変わらないのに対し、テーパーネジはネジの直径が先細りになっています。
平行ネジはパッキングを併用すれば手の力で締めるだけでも十分な気密を得やすく組立・分解が容易。
テーパーネジは気密を得るためにはオネジの方にシーリングテープを巻いたりシーラーを塗ったりしてからねじ込む必要があり組立・分解が面倒ですが、高圧にも耐える高い気密が得られます。
平行ネジとテーパーネジの併用には注意すべき点があります。
それはテーパーネジのオネジを平行ネジのメネジに差し込んで使用することは(正規ではありませんが)できますが、平行ネジのオネジをテーパーネジのメネジに差し込んで使用することはできないということです。(やむをえない場合はシーリングテープを多めに巻くことで対応できないこともないですが、お勧めはできません)
 例えば、フィルターレギュレーターの接続部などにはRc1/4が広く用いられていますが、これは1/4インチ口径管用テーパーメネジであり、1/4インチ口径平行オネジで接続してはならないということです。

ネジの種類の表記法

 平行ネジやテーパーネジといった管用ネジの形式はJIS規格で表わされていますが、このJIS規格の表記には現行規格と旧規格があり、現時点では製品の説明において新旧規格が混在しています。エアブラシの場合はそれにSネジ・Lネジという呼び方が加わります。  平行ネジの記号は旧規格ではPFで現行規格ではG。
 テーパーネジの記号は旧規格ではPTで現行規格ではオネジはRでメネジはRc。
 管用テーパ用の平行めねじは旧規格ではPSで現行規格ではRp。
 それらの記号の後にインチ口径を続けて表記することでネジのサイズと種類を表すようになっています。
 Sネジ・LネジについてはSネジが1/8インチ口径平行ネジでLネジが1/4インチ口径平行ネジです。
 これらについてまとめると以下のようになります。

  • Sネジ=PF1/8=G1/8
  • Lネジ=PF1/4=G1/4
このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク