防護具:保護メガネ編

 模型工作には削ったり切り離したりという作業が伴い、削ったり切り離したりという作業には破片が予想外の方向に跳ぶことがあるというリスクが伴います。そして、予想外の方向に跳んだ破片はときには目に入ってしまうこともあるわけで、模型工作をする際は工作により飛び散る破片から目を守るために保護メガネを着用することをお勧めします。
 その際に保護メガネに求められる要素は、工作を妨げない程度には視界が広いことと密閉性が高いこととマスクを併用しても曇りにくいことで、視力矯正のためなどにメガネを着用している人にはメガネが併用できることも重要な要素でしょう。
 密閉性を考えると使用する保護メガネのタイプは基本的にゴグルタイプとなります。一般的なメガネのような蔓タイプはバンドで顔に押しつけるようになっているゴグルタイプにどうしても密閉性で劣りますから。
 そういう模型工作の際に求められる要素を満たしている保護メガネの例を以下に紹介します。

バイク用ゴーグル

バイク用ゴーグル  バイク用ゴーグルは案外工作時の保護メガネに向いていたりします。
 バイクの運転に使うものなだけあって、概ね視界の広さも曇りにくさも問題はなく長時間装着しても疲れにくいようにできていますから。
 画像のようにレンズが両眼で分かれているもの(二眼型)はメガネを併用できませんが、レンズが一体型でメガネ併用可能なものもあります。

防煙用セーフティゴーグル

防煙用セーフティゴーグル  安価で且つ密閉性は非常に高くマスクと併用しても曇りにくいものの、視界に関してはレンズ形状的に周囲が歪んでしまいます。
 有効な視界の狭さに関しては作業内容的にあまり問題にはなりませんが、二眼式なので当然、メガネは併用できません。
 素材的にも構造的にも密閉性は非常に高く、刺激性のある薬品を使うような際には良い選択肢となりうるとは思いますが、模型作業にそこまでの密閉性が必要かと言えば、そこまでは必要ないと思います。

密閉型防曇ゴグル

密閉型防曇ゴグル  画像は理研オプテックの防曇ゴグルM55-VF。
 視界は広く、密閉性は高く、マスクと併用しても曇りにくく、且つ、メガネとの併用も可能。性能的には保護メガネとして申し分のないものです。
 単に破片から目を守るだけなら既に視力矯正などでメガネをかけている人に保護メガネ着用の必要性はあまりないですが、マスクを併用するとなるとマスクから漏れる息でメガネが曇ることを防ぐ必要があるわけで、そういう場合にはこういうメガネ併用可能な保護メガネは有用です。
 実売価格2000円程度で、個人的には700〜800円くらいの保護メガネを買ってマスクとの併用で曇ることから使えないということになるくらいなら最初からこのクラスの保護メガネを買った方が良いと思います。
 蔓タイプのものも含め保護メガネは色々購入しましたが、マスクと併用したときにマスクから漏れる息で曇るような保護メガネは粉塵対策などでマスクを装着することも多い模型作業にはまったくむかず、その費用はまったくの無駄金だったと思います。まさしく安物買いの銭失い。
 そういうわけで模型作業時の保護メガネとしてはゴグルタイプかつ密閉型かつレンズ一体型で視界が広くメガネ併用可能で防曇加工もされているこのクラスの製品をお勧めします。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク