筆むらの処理

 少々の筆むらならトップコートを吹きつけることで消えます。
 乾燥の早い塗料や濃すぎる塗料を使用したことによる筆むらの場合、それだけでは消え難いので、一旦目の細かい耐水ペーパー(2000番等)で水研ぎしてやって表面をならし、それからトップコートを吹くことで筆むらを消すことができます。
 紙やすりで水研ぎする際は、角をださないように気をつけましょう。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク