優れもの紹介-窓用換気扇

 模型は有機溶剤を使う作業や粉塵の舞う作業の連続です。
 特にエアブラシやスプレー缶による作業では、換気をしないと部屋に揮発した溶剤と大量のペイントダストが充満することになります。
 そういうわけで、健康のためにも部屋を汚さないためにも換気が必要となってくるわけですが、私としては部屋の窓に換気扇を設置することをお勧めします。
 市販の塗装ブースもいいですが、換気扇の魅力はなんといってもその風量。換気する能力の桁が違います。
 そんな換気扇ですが、素晴らしくモデラーのニーズに応えた製品があるので、ここに紹介します。
 その名も「窓用換気扇」。
 以下に詳細情報と販売サイトへのリンクを貼ってますので参照していただければと思います。

リンク:東芝窓用換気扇の詳細情報

リンク:東芝窓用換気扇を販売しているサイト

 換気扇の設置ですが、美しくないですが安く済ませる方法もあります。
 以前やっていた方法を以下に紹介します。

準備するもの

  • 換気扇(台所用のもの。ホームセンターで2000〜3000円)
  • ダンボール紙(廃物利用)
  • 両面テープ
  • (隙間埋めテープ)

 まず窓に向かって机を置きます。
 それから窓枠の角に下の写真のように換気扇を置きます。

換気扇を窓枠に置く

 次に、開いた窓と換気扇の隙間を、両面テープを使用してダンボール紙で防ぎます。この際、必要が有れば隙間埋めテープも併用します。

窓枠をダンボールで目張り

 空気の流れを防ぐことができればいいので、別にダンボール紙でなくてもかまいません。

 最後に換気扇のサイズに穴を開けたダンボール紙のついたてを置いて作業準備完了。

換気扇サイズの穴を開けたついたてを置く

 準備も片づけも簡単で、換気効果も十分。
 もっとも、窓枠が適切な高さになかったり、窓枠が換気扇を置くのに適していなかったりという場合、このまま設置することはできませんが。

 ここでは机の前の窓に換気扇を置いていますが、窓が適切な場所になくても換気扇の設置は有効なので、スプレー、エアブラシ、溶剤を使用する作業においてはなんらかの換気手段を講じることをお勧めします。
 換気扇が難しいなら、「窓を開け放してその前に扇風機を置く」というのでも、それなりに効果があります。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク