B747-400 ルフトハンザ機 (ハセガワ 1/200)

1/200 B747-400 1/200 B747-400 1/200 B747-400

機体解説

全長:70.5m
全幅:64.9m
全高:19.3m
エンジン:GE-CF6-80C2
推力:26263kg×4
最大離陸重量:394600kg
最大速度:939km/h
航続距離:11297km

 ボーイング製ジェット旅客輸送機。1965年から開発された。-400はB747シリーズの最新型で主翼幅が左右6フィート延長され、翼端にウイングレットが装着されている。エンジンもP&W・PW4000、GE・CF6-80C2、RR・RB211-524Gとそれぞれ推力が約10%増加しながら燃料消費率が向上している。B767/B757で採用された新素材も多く取り入れられ、主翼延長と追加装備にかかわらず機体重量も従来型とあまり変わっていない。これらの改良の結果、従来機の約1.3倍の航続距離を持つ。
 操縦も大幅な自動化が進み、航空機関士を除いた2人で運航することが可能。コクピットはアナログ式計器類が大幅に減り、代わりに6面の大型CRTに統合表示される。
 (参考:キット説明書)

雑感

 とある事情で作ったもの。
 旅客機本体についてはあまり知らないし、資料の持ち合わせもないので、まったくの素組みです。
 キットは凸モールドだったので彫りなおしたのですが、キットのモールドをゲージにしたために大失敗。彫り終わった後にモールドとキット説明書設定画のパネルラインがずれていることに気づきました。特に機種と主翼下面。ぬあああ…

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク