ミレーヌバルキリー ファイターVF-11MAXL-KAI THUNDERBOLT MYLENE CUSTOM Fighter (BANDAI)

機体解説

登場作品:マクロス7(TVアニメ)
乗員:1名
全長:15.48m
空虚重量:7900kg
エンジン:新星・P&W・ロイスFF-2099A改×2
エンジン推力:41500kg(宇宙空間瞬間最大推力)×2
補助エンジン:高機動バーニア・スラスターP&W HMM-7Y
機体設計強度:+27G、-16G
巡航速度:マッハ4.1+/10000m
高々度巡航速度:マッハ22+/30000m+
離着陸距離:0m(VTOL可能)
戦闘上昇限度:無制限(地球クラスの惑星なら単体で衛星軌道進出可能)
海面上昇率:44500m/min
武装:内臓式スピーカーシステム、防御シールド×1、スピーカーガンポッド×1、レーザー機銃×2、内臓式マイクロミサイルランチャー×4

 VF-11MAXLはVF-11にVF-16用のエンジンを搭載し各部の構造を強化した特殊戦闘機。ミレーヌ機であるMAXL改は操縦系がサウンドスティックコントロールに換えられている他、サウンドエナジー変換シート等が標準装備されている。

雑感

 番組放映時にバンダイから発売されたキット。お手頃価格でファイターとバトロイドのセット。肘や肩の関節のポリパーツが露出していたり、拳のポリパーツの造形が酷いものだったりなどの問題がありましたが、値段を考えれば仕方ないところでしょう。

 1995年頃に作成。バトロイド形態は前官署で近所の子供にあげたので手元にありません。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク