製作過程 バンダイ 1/144 HGBF ビルドアカツキガンダム

後ハメ加工

アカツキガンダムの胴の後ハメ加工  胴は胸部前面から突き出ているフレーム部分を切り離し、塗装後に接着できるようにすることで後ハメ加工。(画像の赤丸で囲った部分が切断箇所)根本にカッターで切り込みを入れてから折り取ることで切断。

アカツキガンダムの脛の後ハメ加工  脛はふくらはぎ部分の外部装甲のの根本を切り離し、塗装後に接着できるようにすることで後ハメ加工。(画像の赤丸で囲った部分が切断箇所)カッティングマットの上でデザインナイフで押し切ることで切断。

アカツキガンダムの踵の後ハメ加工  足底の赤い部分は踵部分を切り離すことで後ハメ加工。(画像の赤丸で囲った部分が切断箇所)デザインナイフで切断箇所に切り込みを入れてから折り取ることで切断。

改造箇所

アカツキガンダムの太股の延長  太股は短すぎると思ったので5mmプラ角棒を用いて5mm延長。

ビルドブースターの合わせ目消し  ビルドブースターの翼は接着しての合わせ目消しが必要なので、ついでにモールドとして処理されている感じのはめ込み部分を黒瞬着で埋めました。

武装取り付け部分の自作  左腰アーマーにホビージャパン2012年4月号付録のグランドスラム(大剣)を装備するために取り付け部分を自作。グランドスラムの穴にメンソレータムを離型剤代わりに塗り込んでからエポキシパテを詰め込んで硬化させたものに4mm径の穴を開け、4mmプラパイプを瞬間接着剤で固定したもの。グランドスラムはめ込み時の塗装剥がれ防止のために少し周辺を削ったので、2.5mm径の穴を開けてからポリランナーを埋め込むことでグランドスラムをしっかり固定できるようにしてあります。

完成画像

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク