製作過程 バンダイ 1/100 ガンダムエピオン

1.腕部、脚部の改造、他

腕部

腕部

 全体に貧弱なので、ボリュームアップします。
 前腕は肘側端へのプラ板の貼りつけと途中で切断しての延長で計二ミリ延長。クローとの接続はポリランナーに変更し、クローはピンバイスで穴を開けてから切り込むことで後ハメ加工しています。
 クロー自体、0.3ミリプラ板を貼りこむことで少し厚みを増しています。
 また、パッケージアートのようにビームソードを構えるには前腕自体が横回転しないといけないので、前腕側肘関節をボールジョイントに変更。
 肘関節そのものは0.5ミリプラ板で囲って大型化。
 上腕は肘関節に近づくにつれて貧弱になるので説明書のイラストのようにポリパテでボリュームアップ。
 手は手首の軸が丸見えなのでジャンクパーツを利用して軸部が隠れるようにしています。
 シールドとの接続は、前腕側の接続用のピンを切り離し、前腕肘関節のボールジョイント化により使用しなくなったポリパーツ軸穴をピンバイスで外側に貫通させ、シールド側に「関節技」のランナーを仕込むことで、メス・オスを逆転しています。

脚部

脛

 本来別パーツである筈の脛部と脛側膝関節部が一体成形になっているので別パーツ化。
 足りない部分はエポパテで現物合わせしています。

腰アーマー

腰アーマー裏

 腰アーマーの裏はエポパテで埋めてから筋彫り。設定は無いので適当に。

腰アーマー裏

 背面の腰アーマーは取り付け位地が下過ぎるので取り付け方法を変えるついでに4ミリ上に移動しています。

その他

 頭部は顔がふくよかすぎるので、頬にあたる部分を厚さにして一ミリ弱、削り込んでいます。
 アンテナ、翼、クローなどはパテを継ぎ足したり削り込んだりすることで先端部を尖らせました。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク