製作過程 バンダイ1/100ゾリディア

改造途中の頭部

 改造途中の頭部。より目、おちょぼ口、えらが張っているので、其処を改修。
 口(ダクト)の両側面を加工した後、両側にプラ板を貼って幅増し。
 首は貧弱なのでポリパテで形状変更。

左肩アーマー

 左肩アーマー。スパイクはPL法のため先が丸くなっているので、プラ棒を使って尖らせます。
 横幅が広すぎて組立時にビームシールドが干渉するので、スパイクを別パーツ化した後に左右で3ミリ幅詰め。
 ノズル部の形状が設定画と異なるので、プラ板などから作り直し。ちなみに本当の設定ではノズルは引っ込んでいます。

腕部の改造

 腕部の改造。上腕に横回転軸を追加。肩との接続をボールジョイントに変更。
 上腕下部の幅が細すぎるのでプラ板で幅増し。二重関節にするためにポリキャップを仕込んでいます。
 並行して肘関節も改修。

 頭部に関しては、より目をポリパテを盛った後に彫刻刀で彫りなおして改修。えらは削り込みました。首との接続はボールジョイントで行っています。
 膝関節は肉抜き穴はポリパテで処理。
 脹脛のノズルは彫刻刀で彫りなおし。
 腰アーマーはフロントはノズルをくりぬいてスリット入りプラ板を貼りつけた後、ポリパテで裏打ちし、設定画に近い形になるように削りこんでいます。サイドアーマーは0.5ミリプラ板で裏打ちし、リアアーマーは腰との接続部の穴をエポパテで埋めています。

このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサード リンク
スポンサード リンク